PluginMediaGallery14

提供: GeeklogJpWiki

[3]管理者運用方法 > 導入後に試したい様々なカスタマイズ > プラグイン > メディアギャラリ

目次

メディアギャラリ

ダウンロード方法

CTLハックは不要になっています。以下の最新版は自動インストーラ非対応です。

MG Media Browser は以下からダウンロードしてください。

メディアギャラリ1.6.1インストール方法

自動インストーラが使える方は,自動インストーラをご利用ください。

  1. Geeklog Japaneseダウンロードセクションからレシピ全部入りをダウンロードしてレシピを保存。
  2. レシピをドラッグして実行
    1. メディアギャラリ(mediagallery.ini)自動インストーラにドラッグして実行。
    2. MG Media Browser(メディアギャラリ メディアブラウザ) - FCKeditor Plugin (アドバンスドエディタプラグイン) インストールレシピ(mgmediabrowser.ini)を自動インストーラにドラッグして実行。

なお,メディアギャラリインストール直後にメッセージが出ます。場合によってはphp.iniを修正する必要があります。メッセージにしたがって,修正してください。


メディアギャラリとは

メディアギャラリでは、管理者だけでなく、ユーザも画像を自由にアップロードでき、モデレータによる承認制度もあります。メディアの種類は.BMP, .GIF, .PNG, .JPG, .ASF, .WMV .MOV (QuickTime), .SWF (Flash) .MPG, .MP3, .MP4, .TGA (Targa), .PSD (PhotoShop) , .OGGをサポート。

メディアギャラリ

スライドショー表示や、評価システム、コメントシステムがあります。

投票とコメント

メディアギャラリの自動タグ(album, media, slideshow, image, audio, video)を記事や静的ページに記述することで、メディアやスライドショーを表示できます。自動タグは、[slideshow:2 キャプション]のように記述します。 自動タグの他、Geeklogのパーミッションシステムやコメントシステム等本体機能を活かした設計になっています。GeeklogのSpamXで、セキュリティ対策を行っています。

メディアギャラリを記事や静的ページで記述

PHPブロックに、ランダムに選ばれたメディアのサムネイルを表示する機能があります。 関数名に、phpblock_mg_randommediaを指定します。

サムネイルをランダム表示


メディアギャラリサポートサイト

メディアギャラリサポートサイトでは以下のように紹介されています。

メディアギャラリはGeeklog用のオンラインの画像 / マルチメディアギャラリプラグインです。

メディア・ギャラリーは、Geeklogの能力を十分に利用したフォトギャラリを提供しています。Geeklogのパーミッションシステムなど、十分にGeeklogの機能を取り入れたプラグインです。

メディア・ギャラリの特徴

フォトギャラリーには、ワンクリックでのスライドショー実行、メディア・アイテムの評価システム、コメントシステム、Digibug.comを利用した写真のオンラインプリントサービス等の機能があります。


メディアギャラリ は、様々なファイルタイプをサポートしています。.BMP, .GIF, .PNG, .JPG, .ASF, .WMV .MOV (QuickTime), .SWF (Flash) .MPG, .MP3, .MP4, .TGA (Targa), .PSD (PhotoShop) , .OGGです。

メディアギャラリ はすでに多くの言語に翻訳されています。言語ファイルは1つのファイルにまとまっています。現在、英語、ドイツ語、イタリア語、トルコ語、中国語、日本語、フランス語、ノルウェイ語が提供されています。

メディアギャラリは、Geeklogのすぐれたセキュリティモデルシステムを取り入れているので、プライベートアルバム、公開アルバム、登録メンバーのみ公開するアルバム、登録していないゲストユーザへのみ公開するアルバムを作成することができます。このフレキシブルなセキュリティシステムで、様々な用途のアルバムを作成することができます。

メディアギャラリを利用すれば、あなたのメディアアイテムをオンラインでアルバムに構築することが簡単にできます。カテゴリの階層はいくらでも深く構成することが可能です。

メディアギャラリは、写真、ビデオ、オーディオファイルをあなたのアルバムに加える方法はいくつかあります。ブラウザーでメディアをアップロード、サーバーへFTPでアップロード、Windows XPから直接アップロードできます。ただ、ブラウザーベースのアップロードは簡単ですが、数多くのアイテムアップしたい場合には面倒な作業かもしれません。XP パブリッシングウィザードまたはFTPインポート機能を使えば、一度にいくつものアイテムをアップロードすることができて、簡単にそれらをアルバムに加えることができます。

アイテムをアップロード

メディアギャラリは、管理者のアップロードだけではなく、ユーザのアップロードもサポートしています。あなたはアルバムごとに、アルバムのモデレータ(コンテンツの管理者)を指名することができて、モデレータはメディアアイテムを承認する仕組みがあります。新しいアイテムがアップロードされたらモデレータに自動的に投稿が通知する設定を選ぶことができます。そして、アップロードが承認されたとき、メディアギャラリはユーザーに投稿が承認されたことを通知します。

一旦あなたがオン・ラインでメディアを持てば、そのあとの管理は難しくありません。 アイテムのソート機能も備わっています。 簡単な操作であるアルバムから別のアルバムにアイテムを移動させることができます。 他のアルバムに全体のアルバムをさらに移動させることもできます。 画像の回転といった基本的な操作も、メディアギャラリの操作画面で行うことができます。

メディアギャラリは、各アルバムにタイトル画像を設定することができます。 メディアギャラリ中の任意のアルバム、イメージ、オーディオあるいはビデオファイルのサムネイルをタイトルに設定したり、タイトル用の画像を別に設定することもできます。

アルバム管理
アイテム管理

メディアギャラリは、あなたのオーディオおよびビデオファイルに対する再生オプションをサポートしています。 各メディア・アイテムは再生オプションのコントロールである、インラインやポップアップウィンドウ、再生ウィンドウサイズ、自動スタートをカスタマイズすることができます。

メディアギャラリでは、メディア・アイテムに投票したり、コメントをつけることができます。

メディアギャラリも、全てのユーザーが平等につくることができるわけではないと思います。あなたのサイトへの各々の登録ユーザーが経験を経てメディアギャラリをカスタマイズすることができるユーザー選択システムがあります。初期設定は、表示列、表示コラム、簡潔なサイズとMP3プレーヤーを含みます。もちろん、メディアギャラリの大部分のアイテムと同様に、あなたにはユーザーがどう選択するか選択肢を変える権限まで持っています。

もしあなたがかなりの写真フリークで、ディジタル・カメラで撮影したギャラリーの写真の高解像度な元画像を残しときたいとおもった場合も、また、画像に埋め込まれたEXIFおよびIPTCデータをすべて格納しておきたい場合には、メディアギャラリは全面的なEXIF/IPTCサポートをおこなっています。 EXIF/IPTCメタデータは、ポップアップウィンドウ、あるいはメディアの下に表示させることができます。どちらの方法で表示させるかはコンフィギュレーションのオプションで選ぶことができます。


メディアギャラリは、すべてがコンフィギュレーションで設定することができると考えています。ほとんどすべての機能をON/OFF制御できます。そして、目的の異なるタイプのためにアルバムの異なるタイプを持てるよう柔軟性があります。たとえば、あなたはあなたの家族向けの映画のために統合したオンラインプリント機能を可能にしたいかもしれませんが、あなたの背景アルバムのためにそれが機能しなくなるかもしれません。 ユーザにアルバムのソート機能を許すかどうかも設定できます。個々のアルバム毎に、個別の設定もできます。

個々の設定機能で不十分でも、グローバルアルバムエディタがあります。一度で全てのあなたのアルバムの設定を変更することができます。

メディアギャラリは、特集豊かなギャラリーシステムをどんなGeeklogにもすぐにインストールできます。メディアギャラリは、ユーザーフレンドリーですが、管理とメンテナンスを簡単にできるよう設計されました。

プラグアンドプレイを望むならば、メディアギャラリは最適です。メディアギャラリは単にインストールするだけで機能します。もし、よりカスタマイズをしたいのならテンプレートファイルやスタイルシートを修正します。


メディアギャラリは完全なGeeklogプラグインです。インストールは簡単です。ソースをGeeklogサイトにアップロードし、プラグイン管理画面でインストールリンクをクリックするだけです。メディアギャラリはGeeklogの機能のコメントシステム、静的ページ、検索、自動タグ、セキュリティを受け継いでいます。

メディアギャラリがGeeklogのコメントエンジンを使用しています。そのため、メディアギャラリがこれらのアイテムを保護するためにGeeklogのスパム-Xシステムが適用されて、写真やビデオとオーディオファイルはコメントスパムから守られます。

メディアギャラリはGeeklogの自動タグ機能をフルサポートしています。そして、直接イメージを記事や静的ページに入れることができるようになります。記事に直接小さなスライドショーを埋め込むこともできます。 メディアギャラリによってサポートされるいくつかの自動タグがあります;album, media, slideshow, image, audio, videoです。イメージを例えば[image1]で埋め込むように、あなたのアルバムへのリンクを挿入するのは簡単です。例えば[album:5 キャプション]を記事または静的ページに記述してください。

メディアギャラリはGeeklogをさらにパワーアップさせます。あなたのサイトのどのページに対しても、あなたの注目のアルバムを置くことができます。

メディアギャラリは、さらにランダムサムネイル表示ブロックも提供しています。アルバムのランダムで選ばれたサムネイルをブロックに表示します。スクリーンがリフレッシュするごとに画像が変わります。

Geeklogのセキュリティシステムがすべてにわたって機能しています。,もしユーザが注目アルバムを見る権限を持っていなかったら、表示されることはありません。これは自動タグやランダムサムネイル表示ブロックでも適用されます。

GDライブラリ、ImageMagick、または、NetPBMがPHPにインストールされている必要があります。

メディアギャラリは、サポートと最新版を提供するために、専用のウェブサイトを持っています。インストールと使用の際の問題を議論するフォーラムとFAQがあります。活発なユーザーコミュニティもあります。そして、必要なときにメディアギャラリの作者は喜んでフォーラムでサポートを行っています。

()

モジュール版からCGI版PHPへ

KZ Templateクラスを利用することにより,CTLハックを行う必要はなくなりましたが,どうしてもCTLハックを行う場合,モジュール版PHPでは正常に動作しませんので,CGI版PHPへ変更してください。モジュール版PHPかCGI版PHPかは,各サーバ会社にお問い合わせください。

XREA・CORESERVERの場合,public_html/mediagyallery/ に,Caching Template Libraryを利用する2.6以降の場合はpublic_html/に以下を記述した.htaccessをアップします。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
mod_gzip_on Off

CPIなどはCGI版PHPで動作しています。

php.ini

また,メディアギャラリ1.6.1以降の場合,php.iniに以下のように64M以上を指定してください。

memory_limit = 64M ;

IE POP UPウィンドウでの文字化け対応

public_html/mediagallery/popup.php の最後のほうの部分に,以下のように,charsetの行を追加します。

$T->set_var(array(
    'media_thumbnail'   => '<img src="' . $_MG_CONF['mediaobjects_url'] . '/orig/' . $media[$s]['media_filename'][0] . '/' . $media[\
$s]['media_filename'] . '.' . $media[$s]['media_mime_ext'] . '" align="center">',
    'media_title'       => $media[$s]['media_title'],
    'lang_close'        => $LANG_MG03['close'],
    'charset'           => $_CONF['default_charset'],
));

画像編集でキャプチャ日時がズレる不具合

メディアギャラリに画像をアップロードした後に、編集をしようとすると、キャプチャ日時がズレる不具合があるようです。対策は以下で紹介されています。

次のようなエラーが発生することがあります。

An error has occurred: (This text is only displayed to users in the group 'Root') 2 - tempnam() [function.tempnam]: open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/********/:/usr/share/php/:/tmp/) @ /**************/public_html/mediagallery/getid3/getid3/getid3.lib.php line 1159

対策:

systemやpluginsなどと同じ階層にtmpというディレクトリを作成。

siteconfig.php の中で,tmpへのパスを以下のように追記して指定することによって解消します。

putenv('TMPDIR='.'/**************/tmp/');


なお,この修正により,rssfeed.php の 223行目は

@chmod($_MG_CONF['path_html'] . 'rss/' . $_MG_CONF['rss_feed_name'] . '.rss', 0664);

にする必要があります。

個人用ツール