PluginMT2Geeklog14

提供: GeeklogJpWiki

[3]管理方法 > 管理者が導入後すぐ試せる簡単カスタマイズ > プラグインをインストールする > MT2Geeklog

目次

MT2Geeklog

作者mystra-kk -- geeklog AT mystral-kk DOT net
バージョン0.1.5
Geeklogバージョン1.3.11
リリース日2007年12月20日

mt2geeklogとは

mt2geeklogはMovable Type ®からエクスポートされる記事ログをGeeklogに取り込むためのカスタム関数です。Movable Typeそのものでなくても,同様のフォーマットのログをエクスポートできるブログなら使用できます。ログのフォーマットについては,「Movable Typeユーザー・マニュアル: Movable Typeの読み込みフォーマット」をご覧ください。

警告: なお,mt2geeklogはまだアルファリリースの段階なので,バグがあることが予想されます。万一の場合に備えて,mt2geeklogを使用する前にデータベースのバックアップを取っておいてください(管理者メニューの「DBのバックアップ」でバックアップできます)。

ライセンス

Geeklog本体と同様,GPL(GNU Genral Public License)です。

インストール方法

  1. ダウンロードしたmt2geeklog-x.y.tar.gz(x, yはバージョン番号)を適当なソフトウェアで解凍します。
    生成されたphpblock_mt2geeklog.phpとmt2geeklog_usage_japanese.htmlをGeeklogの非公開ディレクトリ/system/customにコピーします。このディレクトリ内にあるlib-custom.phpをエディタで開き,適当な箇所に次の1行を追加します。function phpblock_showrights()の直前くらいがよいでしょう。
    require_once( 'custom/phpblock_mt2geeklog.php' );
  2. 管理者としてログインし,管理者メニューの「ブロック」を選択し,「新規作成」をクリックします。
  3. 「タイトル」に「MTから記事をインポート」,「ブロック名」にmt2geeklogと入力し,「タイプ」は「PHPブロック」を選択します。その下の「PHPブロックのオプション」でphpblock_mt2geeklogと入力してから,「保存」をクリックしてください。

これでインストール終了です。管理者としてログインすると,「MTから記事をインポート」が表示されるでしょう。

使用法

  1. 管理者としてGeeklogにログインします。
  2. 「MTから記事をインポート」が表示されていなければ,「管理者メニュー」→「ブロック」から有効にしてください。
  3. 「インポートするファイル名」を入力します。「参照...」をクリックすれば簡単です。
    (注意)ファイルの拡張子は.logでなければなりません。
  4. 「入力エンコーディング」を選択します。自動判別に失敗する場合は,eucJP-win,UTF-8,SIJI-winのあたりを試してみてください。
  5. 「記事のオーナー」を選択します。インポートする記事を誰の所有物とするかを指定します。いずれの場合も,元の記事に投稿者が設定されていない場合は,Adminの所有物になります。

    「記事のオーナー」で設定できるオプション
    • すべて元の投稿者 -- インポートするファイルに指定されている投稿者(AUTHOR)をそのまま所有者にします。所有者が Geeklog の登録ユーザになっていない場合は,自動的に登録されます。
      (注意)新しく作成されたアカウントはユーザがログインできない状態になっているので,管理者が手動でEメールとパスワードを設定する必要があります。
    • できるだけ元の投稿者 -- インポートするファイルに指定されている投稿者をそのまま所有者にします。所有者がGeeklogの登録ユーザになっていない場合は,Adminが所有者になります。
    • Admin -- インポートするファイルに指定されている投稿者は無視され,Adminがすべての記事の所有者になります。
  6. 必要なら,「デフォルトの話題」を入力します。「デフォルトの話題」は,インポートする記事にカテゴリ(Geeklogでは「話題」)が設定されていない場合に,所属することになる話題です。
  7. 「投稿状態」を選択します。
  8. 「コメント」を選択します。「インポートする」を選択した場合は,次の「コメント許可」も併せて選択します。

    「コメント許可」で設定できるオプション
    • 元のデータ通り -- インポートするファイルに指定されているコメント許可フラグ(ALLOW COMMENTS)をそのまま使用します。
    • 自動判別 -- 原則として,インポートするファイルに指定されているコメント許可フラグをそのまま使用しますが,既にコメントがついている記事に関してはコメントを許可します。
    • すべて許可する -- インポートするファイルに指定されているコメント許可フラグは無視され,すべての記事に対してコメントが許可されます。
    • すべて禁止する -- インポートするファイルに指定されているコメント許可フラグは無視され,すべての記事に対してコメントが禁止されます。
  9. 「トラックバック」を選択します。「インポートする」を選択した場合は,次の「トラックバック許可」も併せて選択します。

    「トラックバック許可」で設定できるオプション
    • 元のデータ通り -- インポートするファイルに指定されているトラックバック許可フラグ(ALLOW PINGS)をそのまま使用します。
    • 自動判別 -- 原則として,インポートするファイルに指定されているトラックバック許可フラグをそのまま使用しますが,既にトラックバックがついている記事に関してはトラックバックを許可します。
    • すべて許可する -- インポートするファイルに指定されているトラックバック許可フラグは無視され,すべての記事に対してトラックバックが許可されます。
    • すべて禁止する -- インポートするファイルに指定されているトラックバック許可フラグは無視され,すべての記事に対してトラックバックが禁止されます。
  10. "Start title HTML","End title HTML"を指定する必要があるのは,Bloggerなど記事にタイトルがないブログからデータをインポートする場合です。たとえば,すべての記事のフォーマットが次のようになっているとします。
 <div class="article">
  <div class="article_title">記事のタイトル</div>
  <div class="article_body">記事本体</div>
 </div>

このような場合,<div class="article_title">と</div>で挟まれた部分を取り出せば,タイトルとして利用できます。Start title HTMLにタイトルの直前の部分のパターンを,End title HTMLにタイトルの直後の部分のパターンを指定すれば,mt2geeklogは自動的にタイトルを取得しようと試みます。取得できた場合は自動的にタイトルに設定され,取得できなかった場合は"NO TITLE"がタイトルとなります。なお,Start title HTML,End title HTMLはPHPのeregi()関数に正規表現として渡されますが,mt2geeklogでは正規表現の正当性はチェックしていないため,不適切なパターンを指定すると全くマッチしなかったり,非常に時間がかかる場合があります。

11.「投稿モード」を選択します。

12.最後に「インポート」をクリックすれば,インポートが始まります。エラーが発生した場合は,エラーログ(/logs/error.log)をご覧ください。

個人用ツール