PluginDbman14

提供: GeeklogJpWiki

[3]管理方法 > 管理者が導入後すぐ試せる簡単カスタマイズ > プラグインをインストールする > Dbman

目次

Dbman

Dbman (データベース管理) プラグイン

作者mystral-kk -- geeklog AT mystral-kk DOT net
バージョン0.4.3
Geeklogバージョン1.4.0
リリース日2006年 8月 6日

Dbmanプラグインの特徴

Dbmanプラグインは,mysqldump(.exe)を使用せずに,データベースのバックアップ・リストア等を行うプラグインです。GPLライセンスにて公開しています。

インストールの前に

警告

このプラグインはまだ,ベータ段階のため,バグを含む可能性があります。事前に,組み込みのデータベースバックアップ機能やphpMyAdminを使用して,データベースのバックアップを作成してください。きちんとバックアップできたかどうか,ファイルサイズがゼロになっていないか確認してください(確認する価値はありますよ)。

インストール

以下の説明で,
<geeklog_dir>は,システムの config.phpが存在するディレクトリ
<public_html>は,lib-common.phpが存在するディレクトリ
を表しています。

  • 手順 1: Dbmanプラグインのターボール(dbman-x.y.z.tar.gz)を<geeklog_dir>/pluginsディレクトリに展開します。dbmanというディレクトリができます。
  • 手順 2: adminディレクトリを作成します。<public_html>/admin/plugins/ディレクトリの下に,dbmanという名前のディレクトリを作成します。Dbmanプラグインは,<public_html>/dbmanディレクトリを必要としません。
  • 手順 3: <geeklog_dir>/plugins/dbman/adminディレクトリに移動して,その中身を手順 2.で作成した <public_html>/admin/plugins/dbman/ディレクトリにコピーします。
  • 手順 4: 管理者としてGeeklogにログインし,プラグインエディタからDbmanをインストールします。インストールできなかった場合は,エラーログ(error.log)をご覧ください。
    Dbmanプラグインはインストールされ,きちんと動作するはずです。Dbmanのアイコンをクリックすると,管理ページへジャンプします。
  • 手順 5: セキュリティを設定します。インストール時には,Rootグループに所属するユーザしかDbmanを操作できません。ユーザエディタやグループエディタを使用して,管理権限を分け与えることができます。

アンインストール

  • 手順 1: 管理者としてGeeklogにログインし,プラグインエディタからDbmanプラグインをアンインストールします。
  • 手順 2: インストール時に作成した <geeklog-dir>/plugins/dbman/ディレクトリと

<public_html>/admin/plugins/dbman/ディレクトリを削除します。

これでおしまいです。

設定

Dbmanの動作は<geeklog-dir>/plugins/dbman/config.phpを編集することで設定できます。

  • $_DBMAN_CONF['add_drop_table']

    バックアップするファイルに"DROP TABLES IF EXISTS"を追加するかどうか決める。trueなら追加,falseなら追加しない(デフォルト値:false)。
  • $_DBMAN_CONF['backup_except']

    バックアップしないテーブルを指定する。正規表現が使える。デフォルトでは,GUS (Geeklog Usage Stats)プラグインが作成するテーブルをバックアップしない
個人用ツール