Maps

提供: GeeklogJpWiki

Maps プラグイン

Google Maps API Version 2のMapsを活用する方法

Maps プラグイン、再び使えます!

Google Maps API Keyは、Version 2のサービス終了に伴い新たに取得できず、Geeklogの Mapsプラグインは、新しいサイトには設置する方法が見つからないままになっていましたが、以下のURLから取得できることがわかりました。

https://code.google.com/apis/console

ここでGoogle Maps API Version 2を有効にしてキーを取得して、コンフィギュレーションにセットします。 API Access - Simple API Access - "Create new Browser key" or" Create new Server key"

先月からBenさんに問い合わせしていたのですが、この方法を今月になって教えてもらいました。よかったです!

なお、Geeklog 2.0では、以下の修正でインストールできます。

autoinstall.php line:158

from:
if( mysql_num_rows( mysql_query("SHOW TABLES LIKE '" .
$_TABLES[$remvars['tables'][$i]] . "'"))) {
to:
if( DB_numRows( DB_query("SHOW TABLES LIKE '" .
$_TABLES[$remvars['tables'][$i]] . "'"))) {

Ben, Thanks!


MapsプラグインのMapの言語を日本語にする

通常、APIはブラウザの言語を検出して自動的に変換されて表示されるということですが、Google Chromeでは英語になります。その機能に不具合があるのかもしれません。(未確認) Google help: https://developers.google.com/maps/faq?hl=ja#languagesupport

ただ、言語を特定の言語に変更する方法も紹介されているのでそれにそって変更できます。

言語: https://spreadsheets.google.com/pub?key=p9pdwsai2hDMsLkXsoM05KQ&gid=1

言語は、テンプレートの変更により変更できます。

Mapsプラグインの以下のテンプレートを変更(hl=jaを追加)するだけです。

from:

http://maps.google.com/maps?

to:

http://maps.google.com/maps?hl=ja&

テンプレートは、

  • geo.thtml
  • geocoder.thtml
  • map.thtml
  • marker_form.thtml
  • marker_submit_form.thtml
個人用ツール