CUSTOM getStaticpage()

提供: GeeklogJpWiki

[3]管理方法 > 管理者が導入後すぐ試せる簡単カスタマイズ > カスタム関数を自由に記述する > CUSTOM_getStaticpage()

CUSTOM_getStaticpage()

作者:mystral-kk

  • ダウンロード:Geeklog1.5日本語拡張パッケージに同梱されています。

関数CUSTOM getStaticpage()は、IDを指定するだけで静的ページを表示するものです。

ヘッダのテンプレート(header.thtml)に,自由に静的ページを配置できると,ヘッダのデザインの自由度が増して大変便利です。あるいはまた,静的ページから,他の静的ページを呼ぶことも可能になります。

静的ページはヘッダテンプレートではら次のように記述して利用します。

<?php echo CUSTOM_getStaticpage( 'id' ); ?>

  • idには,静的ページのidを指定します。

静的ページでは,PHPモードで利用します。


カスタム関数の設置方法

この機能を利用する場合には、custom_getstaticpage.phpを準備してlib-custom.phpに組み込みます。

/system/lib-custom.php

// 静的ページをIDで表示させる関数 
require_once( 'custom/custom_getstaticpage.php' );

/system/custom/custom_getstaticpage.php

Geeklog1.5に同梱のファイルをご利用ください。

静的ページPHPでの利用例

ログインしている場合は,ダウンロードセクションを表示。ログインしていなければ静的ページlogoffを表示する静的ページPHPの事例:

global $_USER;
if (!empty ($_USER['uid']) && ($_USER['uid'] > 1)) {
  //echo "ログインしています";
  echo COM_refresh ($_CONF['site_url'] . '/filemgmt/viewcat.php?cid=3');
}else{
  echo CUSTOM_getStaticpage('logoff');
}
個人用ツール