ナビゲーションプラグイン(navman)

提供: GeeklogJpWiki

目次

ナビゲーションプラグイン(navman)

Navigation Manager - Navman プラグインは、ヘッダーメニューなどのナビゲーションの設置および管理を行うものです。

主な操作方法

コンフィギュレーションを設定する

navmanのメイン設定はコンフィギュレーション→ナビゲーションで行います。


「ナビゲーションのメイン設定」は普通の場合デフォルトで問題ありません。

「パンくずリストの表示」は必要に応じて「はい」「いいえ」を設定します。

「メニューアイテムのデフォルトパーミッション」も普通はデフォルトで問題ありません。


コンフィギュレーションでナビゲーションを設定する


次に「管理者専用メニュー」→「ナビゲーション」で細かい設定を行います。

グローバルナビゲーションに,ページを追加する

ナビゲーション一覧でグローバルナビゲーションを選択

サイトのヘッダ部分にグローバルナビゲーションを設置する手順を説明します。

navmanをインストールするとサンプルのグローナビゲーションが設置されています。普通の場合、このサンプルをそのまま使えば問題ありません。デザインはyoursite.com/navman/templates/default/navman.cssで設定されており、クラス名:navi_001, navi_002, navi_003でデザインの切り替えが可能です。

次に一覧画面から「リスト」アイコンをクリックして、グローバルナビゲーションで表示するメニューアイテムを設定します。


ナビゲーション一覧でグローバルナビゲーションを選択

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション用にデフォルトで表示設定されている項目が表示されます。

必要に応じて有効・無効の切り替えをします。追加したい項目があれば「メニューアイテムの作成」リンクから追加が可能です。使い方に慣れるまでは、デフォルトアイテムの設定方法を参考にするのが楽です。アイテム一覧画面の左端、鉛筆アイコンの右隣のアイコンがコピーですので、このコピー機能を使って設定にトライしてみてください。

次の画像はwww.geeklog.jpでの設定例です。

グローバルナビゲーション

以下でメニューアイテムの新規作成の画面をご覧ください。

アイテム作成

設定項目については、表示されている説明とyoursite.com/admin/navman/readme_jp.htmlをよく読み設定をしていきます。

アイテム作成

パンくずナビに,静的ページを追加する

navmanをインストールするとデフォルトでGeeklogの主な機能とプラグインがパンくずナビのアイテムとして登録されています。これを作成するサイトの必要に応じて設定をしていきます。あなたが作成した静的ページは当然デフォルトではパンくずナビの項目としては登録されていませんので設定が必要です。

ナビゲーション一覧でパンくずナビを選択

パンくずナビを設定するには、ナビゲーション一覧画面の「breadcrumb」のリストアイコンをクリックします。

ナビゲーション一覧でパンくずナビを選択

パンくずナビ一覧

静的ページのサンプルをコピーして作成すると良いです。

パンくずナビ一覧

コピーすると次の画像のようになります。 URL照合文字列:@index\.php(\?page=|/)spid@ のspidはStaticPageID、つまり静的ページのIDに書き換えます。

静的ページ設定をコピー

実際に設定したものの例です。

静的ページの設定例

target="_blank"でリンクするハック

参考サポート掲示板は、 http://www.geeklog.jp/forum/viewtopic.php?showtopic=15040&lastpost=true#15087

個人用ツール