カスタム関数を自由に記述する

提供: GeeklogJpWiki

[3]管理方法 > 管理者が導入後すぐ試せる簡単カスタマイズ > カスタム関数を自由に記述する

関数の前置子は「CUSTOM_」。本体の機能をカスタマイズするためにあらかじめ用意されたサンプルの関数です。<system>ディレクトリ下のlib-custom.phpに記述。自由にカスタマイズ開発できます。

lib-custom.phpでは、PHPブロックで使うことができるPHPブロック関数(接頭子 phpblock_)と、ここで紹介するカスタム処理を行うカスタム関数(接頭子 CUSTOM_)の2種類があります。

カスタム関数はGeeklogがあらかじめ用意した、本体の機能をカスタマイズするための関数であり、本体の機能に組み込まれます。そのため、本体ソースをハックすることなく様々にカスタマイズできます。これらのカスタム関数は、ひとつのソースlib-custom.phpソースにまとまっており本体ソースとは切り離されているため、Geeklogのバージョンアップやセキュリティメンテナンスで本体ソースを安心して上書きできます。

カスタム関数は、サンプルとして提供されており、そのままでも利用が可能なように提供しており、内容は自由に変更が可能です。

とくに日本語版では、次のように関数毎にファイルを分割し、lib-custom.phpでインクルードしています。

require_once( 'custom/(関数名).php' );
個人用ツール