アドバンストエディタをカスタマイズする

提供: GeeklogJpWiki

目次

テンプレートを利用する

アドバンストエディタでは,テンプレートを自由にいくらでも設定できます。

  • 修正するファイル:fckeditor/fcktemplates.xml

以下のコードの間のHTMLを書き換えるだけです。また,このテンプレートはいくつでも追加可能です。

<![CDATA[
]]>

アドバンストエディタのテンプレート選択用画像は,以下のタグで設定されています。このファイルは,fckeditor/editor/dialog/fck_template/images にアップします。

<Template title="Strange Template" image="画像ファイル名">

ツールバーのアイコンの配列を変更する

  • 修正するファイル:fckeditor/myconfig.js

スタイル定義を変更する

  • 修正するファイル:fckeditor/fckstyles.xml

MGメディアブラウザープラグイン

MGメディアブラウザープラグインがGeeklog本家で公開されています。これをインストールするとメディアギャラリの自動タグを簡単にインストール可能になります。

日本語版2008年1月29日版から,バージョン2.5にアップ,さらにMGメディアブラウザープラグイン入りで配布しています。

ペーストを有効にする

ワードやエクセルなどからのペーストも可能です。

fckconfig.jsを変更してください。

修正前:

FCKConfig.ForcePasteAsPlainText = true ;

修正後:

FCKConfig.ForcePasteAsPlainText = false;

アドバンストエディタをテンプレートファイルに追加する方法

ブロックをアドバンストエディタで編集するを参考に,様々なtextarea入力部で利用できます。


HTML4.01でコードを出力する

アドバンスドエディタはデフォルトではXHTML1.0のコードで作成していますが,HTML4.01にする方法があります。

Geeklog1.5.2現在ではテーマはHTML4.01のものが多いので、バリデーションを考えると共通にしておくと良いでしょう。

方法は簡単で、アドバンストエディタ自体の設定ファイルにHTML4.01のDoctypeを宣言するだけです。

公開領域/fckeditor/fckconfig.js にアドバンストエディタの設定ファイルがあります。このDocTypeを以下のように変更します。

FCKConfig.DocType = '<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">' ;

これで出力されるコードはHTML4.01になります。


Enterキーと,Shift+Enterキーの処理

Enterキーと,Shift+Enterキーの処理は,公開領域/fckeditor/fckconfig.js で設定されています。

FCKConfig.EnterMode = 'p' ;			// p | div | br
FCKConfig.ShiftEnterMode = 'br' ;	// p | div | br
個人用ツール